東機貿の保守点検

医療機器を安心してご使用いただくために

 

保守点検とは

医療機器が正常に本来の性能を発揮でき、いつでも安心して使用できるために、製造元で定められた期間および規定に基づいて、規定交換部品の交換、清掃、校正、検査を実施するものです。医療法により、保守点検は医療機関で実施することが義務付けられております。

 

保守点検で必要となること

  • 機器1台ごとの保守点検日の把握
    機器によって保守点検周期が決められており、1台ずつ次回保守点検予定日は異なります。
  • 点検表の記録と管理
    点検の結果や過去の消耗品や修理部品交換状況等、機器ごとのステータスを記録、管理することも重要です。
  • 保守点検の作業時間
    忙しい日常業務のなかで、人員と十分な作業時間を確保しておかなければなりません。
  • 必要な道具、測定器、専門知識と技術
    保守点検内容を理解しておき、正しく行える知識と技術が求められます。また、専用の道具や測定器を準備する必要があります。特に測定器は精度管理に努め、校正機関による校正をすることで、トレーサビリティを確保することが重要です。



TOKIBOの保守契約なら、すべて安心です。機器のアフター管理は我々にお任せください!

 

4つの保守契約プラン

定期保守定期保守
ベーシック
ベーシック
メンテナンス
フル
メンテナンス
PM
(プリベンティブ
メンテナンス)
OH
(オーバーホール)
校正
(キャリブレーション)
清掃、検査
出向料金
保守限定
平日9~18時

保守限定
平日9~18時

平日9~18時

休日含む
24時間対応
代替器×
保守限定
×
修理部品代×××
技術料
(修理作業料金)
××
平日9~18時

休日含む
24時間対応
 
 
 

定期保守ベーシック

  • 保守点検を計画・実施・記録します。
  • 保守点検は、お客様と事前にご相談のうえ、ご都合の良い日程で訪問し、引き上げまたは現場にて実施します。
  • 専用の検査機器や治工具を用いて、定められた部品の交換や校正(キャリブレーション)、詳細な項目に渡るチェックを行います。
 
 

定期保守

保守点検に加え、定期点検時の代替器料金が含まれます。

 
 

ベーシックメンテナンス

保守点検及び、機器が故障した際の修理(通常故障)料金が含まれます。

 
 

フルメンテナンス

保守点検、機器が故障した際の修理及び、点検時・修理時の代替器料金、夜間・休日の修理対応も含まれる、万全対応のプランです。
すべてのサービスの保証が定額で追加費用が発生しないため、予算化ができます!

 
 

※ 製品により、ご契約いただけないプランもありますので、あらかじめご了承ください。


保守点検の対象機器

  • 人工呼吸器
  • 手術用無影灯

※一部対象外の製品がございます。詳しくはお問い合わせください。