EN | JP
TOKIBO

製品情報

私たちは、1955年創業以来、日本国内で最新の商品を販売してきており、現在では、クリティカルケア関連製品、病院設備関連製品、ホームケア関連製品、外科関連製品、整形外科関連製品、産婦人科関連製品を中心に取り扱っています。東機貿では、創立以来一貫して、信頼性の高い医療機器を提供しており、多くの臨床施設で高い評価を得ています。

クリティカルケア

生命と密接に関わる、ICU(集中治療室)、救急、手術室などで使用される、人工呼吸器、超音波画像診断装置、麻酔・蘇生関連製品、気管支鏡といった医療機器を取り扱っています。

 

 

ホームケア

ポータブル人工呼吸器など、在宅呼吸ケア関連製品を扱っています。常に患者さんのQuality of Life(QOL)の向上に努め、患者さんとその御家族が快適で安心できる生活をサポートする医療機器をご提供しています。

 

 

病院設備

手術用無影灯、シーリングペンダントといった取付工事も必要になる医療設備や、手術台、ICUベッド、ストレッチャー等、大型の医療機器を中心とした製品を扱っています。現場スタッフの方々が治療やケアに専念でき、かつ、患者さんにとっても快適な環境を、関係者の方々と共に考え、ご提供します。

 

 

脳神経外科・外科

1963年より水頭症治療用の医療機器 シャントバルブシステムを販売しており、さらに1987年には世界で初めての圧可変式バルブを日本へ導入し、多くの施設で高い評価を得ています。他にも低圧持続吸引システム、ICPモニタリングシステム、電気メスといった医療機器を提供し、外科分野への多大なる貢献をしております。

 

 

産婦人科

1986年に日本で初めて体外受精のための器具の輸入許可を取得しました。生命の誕生に関わる製品を扱うため企業倫理の確立が不可欠であり、外部講師による勉強会や社内研修で生命倫理について学習し、社員一人一人が倫理意識の向上に努めています。体外受精関連製品(ミニインキュベータ、培養液、カテーテル等)の他にも、分娩後バルーン、子宮頸管拡張器、産婦人科内視鏡治療製品といった製品を
取り扱っております。

 

 

整形外科

脊椎インプラントや人工関節、日進月歩で開発されている最先端の優れた製品を臨床現場にいち早く紹介し、より多くの患者さんの手助けになるように努めています。さらに、先生方のご意見、アドバイスを受け、日本の医療に合った製品の提供に積極的に取り組んでいます。

 

 

TKBグループ企業製品/オリジナルブランド製品

グループ企業であるフランスのSOPHYSA社の水頭症治療用シャント、イタリアのOPT SurgiSystems社の手術台は、日本はもちろん、世界中で販売されています。

また、長年の医療機器販売の経験と実績を活かし、2009年からは、TKBグループの「TKB」を冠したOEM製品のブランド「tkbシリーズ」を展開しています。幅広い分野にまたがる医療機器を販売し、絶えず現場の声に耳を傾けてきたからこそ得られた、厳しい選択眼に適った安全・安心な医療機器を市場に提供し続けています。

 

より詳しい製品情報は弊社までお問い合わせください。