テクニカルサービス(2009年入社)

1. なぜ東機貿を選んだのか

新卒で入社をしました。

大学では医療工学科を専攻しており医療機器についての勉強をしていました。様々な医療機器がある中で、特に人工呼吸器に関心が高まりました。そのため、人工呼吸器を取り扱っている企業を探していたところ、東機貿に出会いました。

恩師からの紹介で会社名を知り、病院での臨床実習中に偶然に営業の方と遭遇するなど何かと縁がありました。面接時には、それ以外に社員と話をする場を設けてもらい、東機貿で働く人々の温かさを感じました。入社前に実際に働いている方と話すことで、会社の雰囲気が自分にあっていると感じたため、入社を決意しました。

2. 現在の仕事内容

テクニカルサービス部に所属しており、人工呼吸器、手術台、手術燈、医療用ベッドなどの当社で販売をした機器の修理、保守業務を行っています。

『修理』と聞くとイメージをすることができると思いますが、『保守』はどうでしょうか?

当社での保守業務は、機器をいつでも安心して正常に使用できるよう、製造元で定められた期間や規定に基づき、規定部品の交換、校正、検査を実施することをいいます。

お客様の元にお伺いして出向作業を行ったり、お客様の元からお預かりした機器の社内作業を通してサービスを提供しています。基本、出向は車移動になります。

修理、保守作業が主な業務になりますが、それ以外にもお客様からの技術的な問合せの対応や営業と同行をしてお客様へ技術的な説明を行ったりもしています。

3. この仕事をしていて一番印象深かった出来事

医療機器に用いられる技術は日々進化し続けています。そのため、持続的に質の高いサービスを提供できるよう日々の勉強が必要です。自ら進んで勉強をすることにより技術力や知識が上がり、的確な説明をすることでお客様からの信頼度向上にも繋がるため、仕事へのやりがいを感じています。
また、海外の取引先へお伺いをして技術講習会に参加する機会もあります。私も欧州にある製造業社での講習会に参加させて頂いたことがあります。講習会では、新たに学んだこともたくさんありましたが、今までの作業の経験から得た知識の高さに講師は驚いていました。元々、国内でも率先して作業を行っていた機器であったため、技術力や知識には多少の自信がありましたが、このことで自信が確信に変わりました。

4. 実際に働いてみて実感している、東機貿の魅力や雰囲気

会社全体の雰囲気が明るく、社内のコミュニケーションが円滑に行いやすいと感じています。

部門間との風通しがよいので、他部門との協力性も強いです。何より先輩や上司に気さくな方々が多く、気軽に話しやすい雰囲気があります。仕事以外のことでも相談に乗って頂くこともあります。

また教育体制が充実している点も良いところだと思います。外部セミナーへの参加を斡旋してくれる制度や資格取得補助もあるので、興味のあることはどんどん取り組める環境であると思います。

5. 応募を検討している方へのメッセージ

コミュニケーション能力や協調性に自信がある方が向いている会社であると思います。

お客様と接する機会が多い為、傾聴力や理解力が不可欠です。また、どうしても個人でできることには限界があるため、様々な人と意思疎通を図り、お互い助け合っていくことが大事になってきます。


テクニカルサービス(2013年入社)

1. なぜ東機貿を選んだのか

前職ではトラックの修理を手がけていました。しかし、技術スキルの向上に限界を感じ、転職を考えるようになりました。また新しいことにも興味がありました。そんな時に東機貿の募集広告をみて、まったく知らない業界でしたが、東機貿は挑戦できる会社だと思い、東機貿を選びました。

2. 現在の仕事内容

私達の仕事内容は、医療機器のメンテナンスやトラブルシューティングを行っています。

私は主に、病院へいき、トラブルシューティング(クリティカルケア製品、病院設備製品)をすることが多いです。

修理する量は日によって違います。

1日に複数件病院を訪問することもありますし、朝から夜まで同じ病院で複数台も直す時もあります。

直すのに時間がかかる故障は、それ1件で1日が終わることもあります。

緊急性が高く、トラブルの一報が入れば直ちにその病院に急行する時もあれば、保守契約を結んだ病院に対しては、綿密なメンテナンス計画のもと定期的に訪問し、トラブルを未然に防ぎます。

3. この仕事をしていて一番印象深かった出来事

初めて訪問した病院で機械が壊れていて、お叱りを受けたことがありました。初めにお叱りを受けた病院でも何回か訪問していると私の顔を覚えてくださり、作業中に頑張ってねというやさしい言葉をかけて下さる方や、作業が終わったらいつもありがとうと言われるようになり、大変うれしく思いました。

4. 実際に働いてみて実感している、東機貿の魅力や雰囲気

仕事をしていて日々感じるのは、問題に対して部門を超えて助け合うことが当たり前のように行われていることだと思います。

色々な部門が立場を超えて問題を解決していくという姿勢が東機貿の魅力だと思います。

5. 応募を検討している方へのメッセージ

東機貿は人工呼吸器のイメージが強いと思いますが、その他にも無影灯やICUベットなど色々な製品を修理する機会があります。

新しい機械や新しい機能も次々はいってきますので、新しいことにどんどん挑戦できる、チャレンジ精神がある人が向いていると思います。


テクニカルサービス(2011年入社)

1. なぜ東機貿を選んだのか

大学で機械工学を学び、前職では医工学分野の実験や装置設計、データ解析などの研究補助を行っていました。整備や修理というかたちで機械にかかわりたいと考え、また前職の経験から医療機器に興味を持っていたところ、東機貿の技術職求人がどちらの条件とも合っていたため応募しました。

2. 現在の仕事内容

私は主に人工呼吸器の保守、修理を行っています。テクニカルサービス部では他に手術用の無影灯や手術台、ICUベッドといった病院設備、また電気メスや産婦人科で使用されるインキュベーターなどの修理も行います。人工呼吸器の内部にはバッテリーやフィルターのように一定期間で交換する必要がある部品が組み込まれています。保守作業では製造元の指示に基づき部品の交換、校正、点検を行い、器械をより安心安全に使用できるようにしています。保守点検や修理はお客様のもとへ伺うこともあれば、器械を引き上げて社内で行う場合もあります。社内作業の日でも、緊急の修理依頼があれば予定を変更してすぐに向かうことになります。現在の作業進捗を把握し、臨機応変に対応していく必要がありますが、毎日同じ仕事ということが少ないとも言えます。

3. この仕事をしていて一番印象深かった出来事

以前より何度か訪問していた施設のお客様から故障の連絡があり、修理や保守に必要な部品を準備して急ぎ向かったことがあります。内部を確認したところ原因が判明し修理を行いましたが、その際稼働時間が保守をおすすめしている時期を過ぎていることがわかりました。装置の他の部分についても故障する可能性があり、予防保全の必要性をお話ししたところ保守作業についても承諾を得ることができました。お客様のお話しや考えをきちんと伺い、器械を安心して使っていただけるような技術、サービスを提供できるよう心掛けていきたいと思っています。

4. 実際に働いてみて実感している、東機貿の魅力や雰囲気

直属のリーダーは勿論、上司や他の社員にも疑問質問があればすぐに訊ねることができる環境だと思います。テクニカルサービス部は20代から60代まで幅広い年齢の社員が在籍していますが、仕事のことは気軽に相談できますし、修理でつまずいているときは助言をもらえます。

5. 応募を検討している方へのメッセージ

お客様とお話しする機会が多いので、コミュニケーション能力が高い人の方が向いているのだと思います。工具カバンを常に持ち歩くような仕事柄、工具類を触ったことがあるとやりやすいと思いますが、新人研修もきちんとあります。取扱い製品のバージョンアップや新製品発売など、日々知識と技術を磨く必要のある仕事です。